孫正義の参謀が語る 第4次産業革命 嶋聡

衆議院議員9年、ソフトバンク社長室長9年、「孫正義の参謀」と呼ばれ政治とビジネスを知る、島さとし(嶋聡)が第4次産業革命を語る。

自動運転が主流になる近い将来、トヨタ自動車のライバルはGoogleやAppleとなる。日本が誇る世界最高峰の製造業がさらに輝く道にはなるには。
社長室長3000日で、ソフトバンクの売上を1.1兆円から6.7兆円へ急成長させた島さとし。第4次産業革命を通して、2020年に日本のGDP600兆円達成へ向けた秘策を鋭く語る。

嶋聡(しまさとし)-twitterプロフィールより
多摩大学客員教授。ソフトバンク社長室長として、8年、3000日、孫社長を補佐。「孫正義の参謀」と呼ばれる。元衆議院議員(3期9年、愛知県安城市、刈谷市、知立市、高浜市、碧南市)岐阜県海津市出身。

公式WEBサイト http://simasato.net/

《当コンテンツは、島さとし メル友応援団より提供されています。》