盛絵の色合い 絵師 清水きし代

四日市市西坂部町にある山の陶房は木々に囲まれた静かな場所にある。この場所で盛絵教室を開く清水きし代氏に話を聞いた。
この日はちょうど盛絵教室が行われており、作品を作る厳しい視線でありながら、多くの笑い声が聞こえ、和やかな雰囲気に包まれていた。
陶芸家であった仲人から、「盛り絵という絵付けの技法が失われる」という言葉を聞き、使命感を感じて絵筆を手にしたのは約30年前。プロが羨むものを生みだそうという思いから、絵付けクラブを始め、現在は絵付け教室を開き、約15年に渡って人を育てることに力をを注いできた。
絵付けを通じ、技術を継承することで、人間形成をするための手本になる必要があると語るきし代氏のもとで学ぶ人たちは、絵付けを通じて、豊かな感性を身につけ、笑顔になっていくのだという。「育ててもらっただけ、育てさせてほしい」という言葉通り、そこに関わる多くの人の表情が、きし代氏の教育に対する考えを物語っていた。

[萬古焼 絵師 清水きし代]

四日市萬古焼 醉月陶苑 http://www.bankoyaki.jp/

略歴
昭和22年 四日市に生まれる
平成15年 初きし代のサインで絵付け茶陶展 久居庵早田
平成18年 伊勢神宮に盛絵茶盌「お伊勢参りの図」献納
平成19年 還暦記念萬古盛絵展 久居庵早田
平成22年 郷土を描く萬古盛絵展 久居庵早田
平成22年 COP10国際会議・国際賞に
盛絵「秋草に虫」の図陶皿が記念品として使用される
平成23年 第2回生物多様性に日本アワードに
盛絵「秋草に虫」の図陶皿が記念品として使用される

 

[UBNジャパン]
国際配信WebTVの制作・クリエイティブマーケティングチームが設立したWEBによる情報動画アーカイブ専用のコンテンツ制作集団です。
私たちは、日本が世界に誇る優れた技術・文化・人・歴史をアーカイブしていきます。
http://ubnjapan.com

《当コンテンツは、株式会社アドラインプラスより提供されています。》